代表理事
園部まり子・長岡徹

顧問
西間三馨先生
(国立病院機構福岡病院名誉院長)

活動報告

母の会で開催した講演会や学会での報告、記事などをご紹介します。

■講座「赤ちゃんからできるスキンケアとアレルギー対策」へ打ち合わせ

大阪狭山市の保健センターで職員の皆さんと

大阪狭山市の保健センターで職員の皆さんと

10月18日(水)、「母の会」は大阪狭山市、奈良県五條市を訪問し、12月と来年1月に大阪狭山アレルギー・アトピーサークル「Smile・Smile」の皆さんと一緒に行う講座「赤ちゃんからできるスキンケアとアレルギー対策」に向けた準備、連携していただける自治体、医師会などと打ち合わせを行いました。講座は12月14日(木)に五條市の保健センター「カルム五條」で、来年1月20日(土)には河内長野市にある国立病院機構大阪南医療センターの講堂で行うことにしています。
18日は最初に大阪狭山市の保健センターを訪問、同センターで推進している乳幼児期の「スキンケア」の取り組みについて1月の講座で報告していただくようお願いしました。その後、市役所に移動、これまでも連携してきた教育委員会や消防本部で旧知の皆さんを訪ねたほか、市長と教育長を囲んで1時間近く、「Smile・Smile」の皆さん、「母の会」でこれからの取り組みについて意見交換することができました。

■「Smile・Smile」の皆さんが奔走、市や医師会などの後援、協力も得る

五條市教育委員会の教育長など職員の皆さんと

五條市教育委員会の教育長など職員の皆さんと

車で約1時間、奈良県の五條市では今回の講座のために奔走していただいている同市医師会と打ち合わせ、保健センター「カルム五條」では会場を案内していただくとともに、同センターの所長、保健師さんに挨拶、打ち合わせをさせていただきました。市役所と教育委員会では出来上がった案内チラシをお渡しし、多くの学校や保育所などの教職員に参加していただけるよう配慮をお願いしました。帰路には1月に行う講座の会場となる国立病院機構大阪南医療センターにも立ち寄りました。
大変に慌ただしい訪問、打ち合わせとなりましたが、市や医師会などが後援や協力していだけるなど多くの方々との意見交換の中で子どものアレルギーについて関心が高まっていることがうかがわれました。また日頃、地域で行政や医師会などと連携している「Smile・Smile」の皆さんの取り組みがあって今回の「講座」が開催できることも実感しました。12月14日(木)に奈良県五條市、来年1月20日(土)に国立病院機構大阪南医療センターで行う講座を、「Smile・smile」の皆さんと一緒に楽しく、参加した方々に喜んでいただけるように開催していきたいと思います。
(園部まり子)